点 描 画 ~写真点~

絵画・イラスト・写真などを紹介。

写真家 William Thompson(ウィリアム・トンプソン)

William Thompson(ウィリアム・トンプソン)

 

Life and Times 

 ウィリアム・トンプソンは覚えている限り、冒険に対する抑えられない欲求があった。彼は20歳で自転車を買い大学を辞め、そして自転車でメキシコを横断した。大学を辞めた後、画家になると決めMFAに在籍した。これが理由もなく人類学の博士号の取得に変わったのだ。しかしその時点でロッククライミングや登山に彼の本当の情熱があった。全ての自由な短い時間を山の中で過ごした。登山での彼の関心は、最終的にはグランドティトン国立公園の登山ガイドサービスを所有するに至った。

 

 そして魔法が起きた。彼は彼の脳に直接繋がるチャンネルの魅力、つまりカメラレンズが彼の究極の「絵筆」だということに気付いた。

 

 彼の最初の写真の仕事は、ナショナルジオグラフィックだった。そしてその後12年間にわたり、彼は地球のエキサイティングな部分からの画像を作った。参考文献の人類学上の枠組みに加え、彼は彼の主題の生命の本質的な真実の観点で物事を観察した。それは暗闇の心の中の光の輝きである。

 

 彼にとっては、特別な視覚的な探査の12年であった。三大NGS storiesに取り組んだヒマラヤでの3年間の生活は高得点だった。彼は最初で唯一の完全な空中coverage(カバレッジ)を地球の探索と題する雑誌のエベレスト100周年記念号のために作成した。その他の主な物語はカトマンズ盆地とヒマラヤハートが含まれていた。

 

 彼はブータンヒマラヤ山脈を通るヤク列車でブ-タンを旅しながら撮影した。彼はアフリカの深淵を旅した(時折生きているピグミーと一緒に旅行しながら)そしてアジアでの2年間は絶滅に向かい悲劇的な道をたどる象を撮影。中央アフリカ共和国の暗闇の中にいる間、脳マラリアを発症後に自らをほぼ絶滅させる。

 

 20年前彼は、市販の画像、一流グローバル企業のためのフィルムと静止画の作成に移った。彼の象徴的な画像は、ウェルズ・ファーゴ、レオ・バーネット、スターバックスマルボロボーイングユナイテッド航空インテル、オランダアメリカなどのクライアントのためのマーケティングキャンペーンで、よく認識されている。

 

 彼は彼のスキルと経験を「重要」なフィルムの方へ回した。彼は彼の今の目標は、「私の画像が啓発されることである」と述べ、卵のアイデア、情熱を定義、発見を可能に、そして何より、「違いは違いを作りだす」。この指向性の光の中で彼が提起しているものは、アメリカのアイコンである「カウボーイ」の生活の消失。何十年も彼のレンズの前にあった主題である。また、象は悲劇的なジレンマにあることを考えると、彼はこの素晴らしい巨大な獣と、うまくいけばこの12,000ポンドのカナリアの虐殺を終わらせることに繋がるであろう、人間との関連を調べるために、フィルムプロジェクトに取り組んでいる。

 

 他の最近の創作活動には、2冊の本が含まれる。彼のエベレスト画像「an Aerial Image Odyssey  and one on Kathmandu」、「The Way It Was」の編集。

 

 彼は築90年の古いログハウスに、彼の最高の仲間エメットは築15年の古いチョコレートラボに、共にピュージェット湾の海の近くに住んでいる。彼はまだ登山で意外な出来事を発見する。ワイオミング州での最近のギャラリーショーやワークショップに続いて、彼と彼の息子は、グランドティトンに登った。

 

出典:Webサイト「WILLIAM THOMPSON PHOTOGRAPHS」Biography(原文英語)*1

 

関連記事 

*1:翻訳ソフトを使用し、修正を加えながら訳しましたが、英語が得意でないため正確でない表現があると思います。ご了承ください。

広告を非表示にする