点 描 画 ~写真点~

絵画・イラスト・写真などを紹介。

写真家 Ernst Haas(エルンスト・ハース)

Ernst Haas(エルンスト・ハース)1921–1986

 

 20世紀の最も有名で影響力のある写真家の1人であり、カラー写真の先駆者の1人でもある。1921年オーストリアのウィーンで生まれ、戦後の写真を撮影する。彼の初期の作品であるオーストリアの捕虜帰還兵の写真は、LIFE magazine (ライフ誌)の注目を集めることになる。彼は仕事の独立性を保つために、スタッフカメラマンとしての仕事のオファーを拒否していた。1949年にRobert Capaロバート・キャパ)の誘いでMagnum(マグナム)に参加し、キャパ、Henri Cartier-Bresson(アンリ・カルティエブレッソン)、Werner  Bishof(ワーナー・ビショフ)との親密な関係が築かれることとなる。

 

 1951年アメリカに移住。1950年代の最高のカラー写真家になるため、移住後すぐにKodachrome(コダクローム)カラーフィルムで実験を開始する。1953年にライフ誌は、彼のニューヨークの画期的な24ページのカラー写真エッセイを出版。このような特徴を持つ大型カラー写真はライフ誌によって初めて出版された。1962年に開催された彼の作品の回顧展は、モダンアートのニューヨークの美術館での初めてのカラー写真展となった。

 

 彼はキャリアを通して、ライフ誌・Vogue・Lookの撮影のため、多くの有力な出版物のいくつかの名前のもと広く旅をした。彼は生涯で4冊の本を執筆。「The Creation」(1971)、「In  America」(1975)、「In Germany」(1976)、「Himalayan Pilgrimage」(1978)。

 

 1986年にHasselblad(ハッセルブラッド)賞を受賞、そしてこの年は彼の死んだ年でもある。彼は博物館の展示の対象であり続け、そしてこのように出版物の対象でもあり続けている。「Color Photography」(1989)、「Ernst Haas in Black and White」(1992)、「and Color Correction」(2011)。

 

 ニューヨークに位置するThe Ernst Haas Studioは、研究者を支援し彼の仕事に関連するすべてのプロジェクトを監督、そしてハースの遺産を管理し続けている。

 

出典:Webサイト「ERNST HAAS ESTATE」 Biography (原文英語)*1

 

関連記事

*1:翻訳ソフトを使用し、修正を加えながら訳しましたが、英語が得意でないため正確でない表現があると思います。ご了承ください。

広告を非表示にする